村長からの救援要請【果てしない冬の山】【黒い砂漠】

 

前回の続きです。

エストが終わったので、ヒックスに話し掛けます。

 

俺も面白そうな話だと思ったけど、

もう少し分かり易く書いて欲しかったですね。(;´∀`)

 

ここでピピの話題に移そうとしますが、

 

ヒックスはマイペースな回答を寄越します。

 

 

そんな時、ピピが帰ってきました。(∩´∀`)∩

[冬の山]村長からの救援要請

 

 

 

ピピはフニプニ宝珠の玉を持ち帰りました。

 

プローキ村長は洞窟で生きていたようです。

 

厳しい道のりになるようです。

 

雪獣人をまた倒さないといけないのでしょうね。

 

ですがここで、ヒックスはジョルダインを引き留めます。

 

疑っていますね。(´-ω-`)

 

 

 

ここでクエストを受けます。

ジョルダインは付いて来るのかな?

 

ヒックスの様子から見て、ジョルダインは残るのかな?

 

茶番を挟みながらでしたが、

今回はここまでです。

それではまた次回。('◇')ゞ

 

バヒット・ラ・ルコナの記録【果てしない冬の山】【黒い砂漠】

 

前回の続きです。

聖なる炎がクサガを燃やしたようです。

そしてそれが自分たちの神だと。

バヒット・ラ・ルコナの記録

 

あらゆる紛争は終わったようです。

 

そして聖なる炎に仕えるために、

果てしない冬の山に向かいます。(∩´∀`)∩

 

ですが炎はなく、そしてシルバーウィロウと黎明騎士団は、

 

 

 

山に戻って来なかったようです。

 

イニックスを抱いていたゴールドドラゴンは狂ってしまったようです。

そして何かに内側から蝕まれているようだったと。

 

涙が雪に触れると生命が生まれます。

それはスミレが揺らいでいるようだと。

 

バヒット・ラ・ルコナは彼らに雪獣人と名前を付けます。

そしてゴールドドラゴンは完全に倒れます。

 

今度は傷口から生命が生まれます。

そしてその彼らに、アベッスと名付けます。

アベッスって鹿族のことだよな?

ここで誕生したんですね。

 

彼女が抱き続けていた小さな世界が、

ドラゴンの血を浴びて使命の目を覚まします。

 

彼女たちはガーディアンだったようです。

山の下からは泣き声も聞こえてきます。

 

 

 

その場に残された精髄を吸収した人間が変異し、

村を荒らします。

 

ゴールドドラゴンのラブレスカの二回目の死は、

果てしない冬の山に大激変を起こしました。

 

話しはここで終わりです。

まるで未知の言葉を解読しているようでしたね。

過去の記録なのでこんなものなんでしょう。(。-`ω-)

それでは、続きはまた次回。('◇')ゞ

 

13000番目の願いー全文【果てしない冬の山】【黒い砂漠】

 

前回の続きです。

話はクサガを訪れた最後の人物まで飛びます。

13000番目の願いー全文

 

ここで依頼目標の一部達成です。

それでは話を進めます。

 

誰が帰ってきたのでしょうか?

 

 

 

すると、前回登場したシルバーウィロウでした。

 

イニックスを要求されます。

ここで13000番目の願いは終わりです。

 

イーリチが記録の続きの話をします。

シルバーウィロウは黎明騎士団と共に、

クサガの前に戻ってきたようです。

 

 

 

そして、何が起きたのかは分かりませんが、

オルセガは滅亡し、

バヒット・ラ・ルコナの新たな目が開かれます。

今回はここまでです。

今回はざっくりとした話の内容でしたが、

次回は詳しく分かるのでしょうか?

それではまた。('◇')ゞ